オリジナルtシャツ作成のメリット【チームとしての結束を高める】

ニュース一覧

tシャツ作りの選択肢

ユニフォーム

メリットデメリット

学校の部活動や社会人サークルでは、自分たちでデザインしたオリジナルのユニフォームを着ることが多くあります。同じ服を着ることで仲間意識を植え付け、チームとしての結束力を伸ばすことが主な目的です。ではこのようなユニフォームを用意することになった場合、ユニフォーム専門業者に依頼するか自前で準備するかのどちらかになりますが、どちらのほうが便利なのでしょうか。業者に依頼することのメリットは、安価に高品質なユニフォームを納品できるということです。ユニフォームのデザインは既存のデザインを組み合わせて作る形となっている場合が殆どですが、業者によってはチームとしてのイメージがある場合その旨を伝えておけばそれにあったデザインを提案してもらえる場合もあります。またその下地となるシャツも良質な生地を使っている場合が多く、ユニフォームは使用した後も記念として保管する場合が多いものなので良質な生地を使っていることは好ましいでしょう。オーダーはネットを介して行いますが、最近の業者はデザインから依頼までネット上で完結できるようになっていますし、大量注文でも1週間程で納品してくれる業者も多くあります。自前でこれを全て行う場合、まず必要な数のシャツを購入してそこから染色やワッペンなどを刺繍することになります。手作りの温かみはありますが、これを人数分揃えることは仕事や家事の片手間では大変でしょう。やはり餅は餅屋に、オリジナルのユニフォーム作りは専門業者の力を借りることが合理的でしょうか。